事前に「シミュレーション」を

資産運用に関連する様々なシミュレーション・ツールがインターネット上で利用可能です。将来のライフプラン診断、資産運用シミュレーション、株式の仮想投資などのツールは、資産運用を始めるに当たっての心の準備やトレーニングに役立ちます。やや大げさですが、軍事演習の机上訓練や「フライト・シミュレータ」を使った操縦訓練のようなものと考えることもできましょう。
何事も備えあれば憂いなしです。

■ ライフプランシミュレーション

ライフプラン診断

9つの質問に答えると、自分に近いライフスタイル条件の人の将来の収入、支出、貯蓄残高の推移の予想を見せてくれます。FPからのアドバイスコメントも見られます。資産運用を考える方は、是非このツールで自分の将来を診断してみてください。

日本FP協会「ライフプラン診断」
https://www.jafp.or.jp/know/lifeplan/simulation/

■資産運用シミュレーション

資産運用シミュレーション

「将来いくらになる?」、「毎月いくら積み立てる?」、「何年間積み立てる?」の3つの観点から、積立投資のシミュレーションができます。「どの資産に投資をしたら?」という具体的な情報には踏み込んでいません。積立投資を考えている人は、まずこのサイトで大まかなイメージをつかむことをお勧めします。

金融庁「資産運用シミュレーション」
https://www.fsa.go.jp/policy/nisa2/moneyplan_sim/index.html

簡単資産運用シミュレーション【PC向け】

目標額を設定して自分の投資スタイルにあった積立プランを作成する未来シミュレーションと、手持ちの資産から投資プランを作成するポートフォリオ分析ができるシミュレーション・ツールです。金融機関提供のツールなので同社提供のファンドを選ぶ画面がありますが、その手前でやめてしまっても問題ありませんし、あくまでも参考・練習と割りきってファンドを選んでみるのも一つの方法です。ただし金融機関によって取り扱うファンドが異なりますし、過去の成績と将来の成績とはまったく別物であることを忘れないでください。

三菱UFJ信託銀行「簡単資産運用シミュレーション」
http://www.portfolio-sim.tr.mufg.jp/

かんたんファンド検索【PC向け】

「世界の資産に分散投資をする」「一定額の積み立て投資をする」「5~10年以上の長期運用をする」を守る「ものぐさ投資」のシミュレーションができるサイトです。「目標金額に必要な利回りでポートフォリオを組む」アプローチで、投資を検討すべき投資信託の種類と比率が導き出されます。

MORNINGSTAR「かんたんファンド検索」
https://www.morningstar.co.jp/FundBeginner/index.html

■株式の仮想投資

トレダビ(株式投資シミュレーション)

日本経済新聞の子会社であるQUICKが株主に名を連ねるK-ZONEの提供です。
現実に近い株式の模擬売買をしながらトレダビ提示の「ミッッション」をクリアしてスキルを上げて行きます。
短期売買を基本にした「大会」や「ミッション」に囚われず、「あくまでも長期投資を見据えた」スキル向上の一手段として使ってください。

K-ZONE「トレダビ」
https://www.k-zone.co.jp/td

【投資の実践に当たって 】のトップに戻る

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は car_drive_mark_syoshinsya-283x300.png です