「金融経済の基礎」を学ぶ

金融リテラシー修得の第1歩は「お金を知る」ことです。「お金」というとお札やコインが頭に浮かぶでしょうが、それはお金のほんの一面に過ぎません。銀行に預けている預金も、投資のために購入した株式も、広い意味では金融資産というお金の一種です。お金を知るには、私たちを取り巻く金融経済の中でお金がどういう役割をしているかを知ることが何より重要です。
ここに紹介するのは、漫画や図説を多用したお金や経済の基礎的な教育コンテンツです。大人が読んでも、しっかり手応えのある内容です。

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は image.png です

■お勧めの【入門】コンテンツ

お金について考えよう(図説、17編)

「お金の役割を考える」、「じょうずなお金の使い方」、「モノの値段と価値」、「お金とよい関係をつくるには?」の4項目に合計17編のお金の話。イラスト入りで、子供にもよく分かるように説明されています。

野村ホールディングス・日本経済新聞社「お金について考えよう」
https://manabow.com/money/

なるほど! 東証 経済教室 動画一覧(アニメ、6編)

「会社の目的と役割」、「会社の株主について」など、株式を中心に経済の仕組みを解説したアニメーション動画6編です。

東京証券取引所「なるほど! 東証 経済教室 動画一覧」
https://www.jpx.co.jp/tse-school/movie.html

■お勧めの【初級】コンテンツ

金融経済の基礎知識(漫画と図説、2章13ページ)

中学・高校向けの学校教育用教材です。「金融の仕組みと役割」、「経済の仕組み」の2章に分かれていて、それぞれ15ページの内容。漫画と図説で金融経済の基礎知識が学べます。

証券知識普及プロジェクト「まなぼう!金融経済」
http://kinyu-navi.jp/learning/index.html

マンガでわかる経済入門(漫画と図説、16編)

「お金ってなに?の巻」と基礎の「き」から始まりますが、後半は専門的な経済の話にまで話が発展します。しかし全編が漫画と図説で分かりやすく説明されていますので、誰でも気軽に経済を学ぶことができます。

野村ホールディングス・日本経済新聞社「マンガでわかる経済入門」
https://manabow.com/hayawakari/

経済を学ぶ(図説、7編)

小学生~中学生向けのコンテンツです。会社って何のためにあるの?から始まり、株式取引の仕組み、日本の景気、人生での大きな支出まで、図入りでやさしく解説しています。会社の仕組みを中心に経済の基本を学べます。

東京証券取引所「経済を学ぶ」
https://www.jpx.co.jp/tse-school/learn/

ウォーキング in 金融経済タウン(図説、9編)

株式会社、銀行、証券会社などがどんなことをしているかを知ることで、金融経済の仕組みが分かります。けんた君としょうこちゃんが金融に関わる9つの組織を訪問。図説で分かりやすい中学・高校向けの学校教育用教材です。

証券知識普及プロジェクト「ウォーキング in 金融経済タウン」
http://kinyu-navi.jp/walking/index.html

■お勧めの【中上級】コンテンツ

知っておきたいお金の話(漫画と図説、14ページ)PC向けPDF

銀行口座を通して見たお金の知識です。金融商品の基礎知識やインターネットバンキングなどについて、漫画と図説で楽しく学べます。

全国銀行協会「知っておきたいお金の話」
https://www.zenginkyo.or.jp/fileadmin/res/education/free_publication/pamph/lps/kinyu0223.pdf

 

【資産運用・証券投資の基礎 】 トップに戻る

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は kyousyu_ojiisan-271x300.png です