とてもリスクの高い運用商品の見分け方、つきあい方(図説、5頁)(金融広報中央委員会)【PC向け】

投資する気はなくても、高いリスクの商品を知っておくことは有用です。知らずに手を出してしまう間違いを防ぐことができるからです。
そうした観点からお薦めのコンテンツです。

以下のサイトからアクセスできます。

https://www.shiruporuto.jp/public/knowledge/assets/kurashijuku/pdf/200907/vol_009_003.pdf

金融リテラシーが身につく投資学習ナビ「金融リテラシー.COM」へ戻る